低用量ピルの静脈血栓症のリスクについて

月経困難症や子宮内膜症の治療に有効として、多くの人に用いられている低用量ピル。
ひどかった生理痛が軽くなったという声も多く、さまざまな女性の悩みに有効なため、重宝されています。

しかし、この低用量ピルには、副作用として静脈血栓症のリスクがあることも留意しておく必要があります。
生理痛に対する治療に使われていた低用量ピル、ヤーズ配合錠で死亡者が出た事例が報告されました。
確率としてはごくわずかな数字ですが、こういう事実があるということは知っておかなければならないでしょう。

低用量ピルによる血栓症発症のリスクが高まるのは、以下のような人です。

まず、毎日15本以上のタバコを吸う人。
喫煙は静脈血栓症のリスクを高めてしまいます。

そして40歳以上の人。
高年齢であることもまた、リスクを高めます。

以上の人は「相対的禁忌」と呼ばれ、十分な注意を払えば利用自体は可能です。
しかし、35歳以上で、なおかつ1日15本以上のタバコを吸う人は、低用量ピルを使ってはいけません。
これは「絶対的禁忌」と呼ばれ、利用自体が禁止されています。

その他にも、軽い高血圧の人や、肝障害、心疾患、腎疾患などがある人も相対的禁忌とされ、服用には注意が必要です。

また、血栓症のリスクが高まるのは、低用量ピルを服用しはじめてからの数ヶ月間であると言われています。
そのため、症状にあわせて中断したり、しばらくしてから再開したりということは、リスクの面からお勧めできません。

医師の指導を守って正しく服用すれば有用なものも、間違った方法で使用すれば思わぬトラブルを招くことがあることを十分に理解しておきましょう。

セックスの悩みはバイアグラで改善続きその2

女性は性的に興奮をすると、子宮周辺のおなかあたりに血液が集まりますが、それがない方は女性用バイアグラによって血行促進を図ります。
血行がよくなえれば、膣内の分泌液も増えますし、性行為の間は、ますます興奮し、血液がさらへと集まります。
毛細血管に血液が多く流れれば、その部分は敏感になり感じやすくなるのです。
さて、女性用バイアグラを飲んだ方は、人によっては頭痛などの副作用がでるようです。
ほかにも、ほてり、鼻詰り、動悸なども起こるようですが、これは、血行がよくなっている証拠なのです。
ですから、バイアグラの効き目が弱まるにつれて、症状も治まるでしょう。
また、早朝もセックスには向いている時間なので、より楽しみたいという方は朝のセックスもよいでしょう。
男性としては、テストステロンという物質の濃度が高くなるのが朝で、これは、性的欲求、それから満足感をコントロールします。
男性ホルモンの一種なのですが、これが朝にピークを迎えるため、朝にセックスはおすすめです。
男性がバイアグラを使う場合、朝のセックスの前に飲むか、夜、寝る間に飲んでも朝の勃起を促進します。
ホテルに泊まったときや、旅行にでかけたときなどは、早めに目覚めて、朝のベッドで楽しむということも良い思い出になるでしょう。
女性も男性もセックスの悩みがバイアグラで改善できるなら、それに越したことはありません。
セックスレスが原因で別れてしまう前に、二人で改善する努力も必要です。

セックスレスとお風呂

夫婦で一緒にお風呂に入って背中を流しあう、これもセックスレスの解消方法としてとてもいいと思います。
家のお風呂で背中を流しあうのもいいですが、非日常感もなければセックスレスの解消方法としては弱い気がします。
できれば温泉旅行へ夫婦二人で出かけて、貸切風呂に一緒に入るとか、部屋に露天風呂が付いているところにして一緒に入るようにすると気分も盛り上がると思います。
最近では、部屋に露天風呂が付いている温泉旅館がかなり増えているので、探すのはそんなに難しいことではないと思います。

セックスレスがさらに深刻な夫婦の場合には、いくら旅行先といえども夫婦二人だけで入る貸切風呂では、セックスレスを解消するまでにはいたらないかもしれません。
それは結局夫婦二人だけの空間なので、裸をお互い見せあっても平気で、普通に体を洗って湯船に浸かるだけになってしまう可能性があるからです。
旅行先ということでムードに助けられて解消できることも考えられますが、それだけでは難しいかもしれません。

このような夫婦におすすめなのが「混浴風呂」です。
混浴風呂では、夫婦だけではなく不特定多数の男女が一緒にお風呂に入ります。

すると夫婦二人だけのときのように気軽に裸を見せることができなくなります。

タオルの持ち込みが許されているお風呂ならば、女性はタオルで大切な部分を隠して入浴することになると思います。

そこがいいのです。

他の男性もいるため、妻が恥じらいを見せてお風呂に入る姿、タオルの隙間から見える太もも、谷間などに夫はくぎ付けになると思います。

隠されているから興奮するものです。

混浴風呂は、セックスレスの解消方法として効果抜群の場所なのです。

 

・「セックスレス解消マニュアル」。
夫婦の悩みを専門に聞く高山さんが、セックスレスの解消方法について書いたマニュアル本です。
高田さん自身もセックスレスを経験したからこそ伝えられる内容となっています。
これを読んで97%の夫婦がセックスレスを解消できたと言われています。

低用量ピルの服用による静脈血栓症のリスク

さまざまな効果があるため、いろいろな治療にも使われることがある低用量ピル。
避妊のイメージが強いかもしれませんが、月経困難症や子宮内膜症の治療にも使われています。
そのため、国内で低用量ピルを服用する人の数も徐々に増えてきています。

しかし、低用量ピルの副作用のひとつである静脈血栓症により、国内で死亡者が出ました。
この報道により、服用するのを止めようと考えた人も多いのではないでしょうか。

カナダ産婦人科学会の報告によると、低用量ピルを服用している人が静脈血栓症により死亡する確率は、10万人あたりに1人以下とされています。
これはもともとの静脈血栓症発症による致死率が1%ということもあり、非常に小さい数字といえます。
ただし、誰にとっても安全に使えるというものでもありません。

たとえば、普段から喫煙をしている方、または高年齢者や肥満度が高い方は静脈血栓症のリスクが高まるといわれています。
低用量ピルの服用を希望する場合は処方している産婦人科を受診し、問診等の結果、医師が服用できると判断すれば処方してもらえます。
しかし、服用によるリスクが高いと思われる場合には処方されないケースもあることを理解しておきましょう。

低用量ピルの服用にはさまざまなメリットがあります。
しかし、静脈血栓症というリスクがあることも確かです。
発症の確率はかなり低いものの、発症すれば重篤化することもあります。

もしも激しい腹痛や胸痛、頭痛などにみまわれたり、舌がもつれたり、視界が狭くなったりといった症状が現れたときには、直ちに医療機関を受診しましょう。
静脈血栓症を重症化させないためには、早期の治療が最も重要です。

低用量ピルによるガンのリスク

確実に避妊ができるということで、国内でも徐々に市民権を持ち始めている低用量ピル。
コンドームと比較しても避妊の成功率が高く、また女性が主体的に選択できることから、服用する人も増えてきています。

低用量ピルを服用する際にしっかりと頭に入れておきたいのが、そのリスクについてです。

まず、多くの人が考えるのが、乳ガンの発生リスクについてでしょう。
服用によってリスクが高まると心配している人も多いかもしれません。
特に家系で乳ガンの人が多い場合は、服用を避けているという人もいることでしょう。

しかし、意外に思われるかもしれませんが、低用量ピルによる乳ガン発生リスクの増加は認められていません。
これは2005年改訂の日本産科婦人科学会の報告によるものです。
ただし、まったく因果関係がないともいえませんので、定期的な乳ガン検診は必ず受けることをお勧めします。

そしてもうひとつが、子宮ガン発生のリスクです。
こちらは低用量ピルを10年以上の長期にわたって服用すると、リスクが増加するという報告があります。
5年未満であればほとんどリスクの増加は見られませんが、10年後には2倍程度まで増加すると言われています。
そのため、子宮頸ガンのスクリーニング検査も定期的に受けておいた方が安心です。

低用量ピルには、避妊以外にもさまざまな効果があります。
不正出血の頻度が減ったり、生理痛が軽くなるといったこともあります。
リスクとメリットをしっかりと見極めてから服用することが大切です。

精子を元気にするには

妊娠したいと考えている女性はいろいろなことを試しています。

病院で不妊治療が必要だと言われてから、夫の精子を元気にする方法を考えるのです。

精子の量が少ない場合、多くなる方法を考えたいところですが、現実的には簡単ではありません。

そこで少ない精子でも元気が良ければ、妊娠する確率が高くなります。
精子を元気にすることは多くなる方法につながるのかもしれません。

不妊治療の一環として、排卵日に合わせて性生活を営むことが指導されるかもしれません。

その前の数日間は禁欲しておくのです。
ただ、精子を体内にたくさん貯めることはできませんから、適切に放出してやることがおすすめです。

射精することで新しい精子を体が作り始めるのです。

最低でも1週間に1,2回は精子を出す方がいいと言うことです。

具体的な方法は夫婦で相談してください。

それからタバコは百害あって一利なしです。

これは他の病気でも言われることです。

元気な精子は健康な体が必要なのです。

精子が貯えられている精巣は温度上昇に弱いと言われています。

膝の上でパソコンを使う習慣がある人は要注意だそうです。

ただ、現実的には極端に気にする必要はないでしょう。
規則正しい生活も重要です。

精力旺盛な人は精子も元気だと想像できます。
精力減退なら精子も元気がないのです。

ストレスを溜めずに発散することが重要です。

サプリメントを服用することもいいですが、たくさんのメーカーがありますから、ひとつずつ試してみましょう。

セックスの悩みはバイアグラで改善続きその1

もちろん、セックスで女性が感じないのは、女性側の問題だけではなく、男性が勝手なセックスをしたり、愛撫に時間をかけなかったり、射精が早すぎるなど、様々な原因があると思います。
ですが、このようなことをパートナーに指摘できる女性も少ないのではないでしょうか。
男性に伝えれば劣等感を与えてしまい、相手を傷つけることにもなります。
特に男性は、性生活のことでダメ出しされると、男性としての自信喪失にもなってしまうでしょう。
ですから、パートナーを傷つけないためにも、女性がこっそり女性用バイアグラを飲んで、良いセックスができるように改善するという方法もあります。
女性用バイアグラは、服用すれば、感じやすくなり濡れやすくなりますので、不感症の改善、閉経後の膣の乾きにも効果的です。
女性が感じて濡れるようになれば、それを見て男性もテンションが上がると思いますので、官能的な時間を過ごすことができるでしょう。
女性用バイアグラは、通常、男性が服用するバイアグラと比べ、飲んだあと、効くまでの時間がやや遅くなっています。
早く飲みすぎても効果が薄れてしまいますから、1時間ぐらい前に、服用しておくとよいでしょう。
薬が効く時間は5時間前後ですから、その間は何度も絶頂に達する方もいらっしゃいます。
個人差もありますが、女性が何回もイクことができれば、たっぷりとセックスを楽しめることでしょう。
男性もそれに喜びを感じてさらに興奮しますから、そうなればエンドレスですよね。

低用量ピルを服用する際の注意

数ある避妊方法のひとつとして用いられている低用量ピルは、国内でも徐々にですが普及が進んでいます。

低用量ピルは避妊に効果があるだけでなく、その他にもさまざまな副効果があります。
女性ホルモンが配合されているためホルモンバランスを整える働きがあり、月経困難症の治療に使われることもあります。

しかし、低用量ピルは服用する際に注意しておきたいこともあります。
中でも特に注意しておきたいのが、低用量ピルには副作用として、血栓症を引き起こす可能性があるということです。

低用量ピルに配合されているエストロゲンが肝臓で代謝されると、血液を固めようとする働きが強化されます。
それによって血栓が肺や脳の血管に詰まり、場合によっては死に至ってしまうこともあります。

血栓症の兆候としてみられるのは、頭痛がひどくなったり、目が見えづらくなったり、ふくらはぎがむくんだり、痛んだりするといったものです。
このような兆候が見られたら、すぐに医師の判断を仰ぎましょう。

血栓症は、早期に発見されれば十分に対処できます。
気づかずに医師に診てもらうのが遅れてしまうと、重症化するので十分な注意が必要です。

正しい用法で服用し、きちんとした使い方を知っていれば、低用量ピルによる副作用はかなり小さなものです。
たとえば、抗ガン剤治療の際にも血栓症が起こることがありますが、これと比べれば低用量ピルによる血栓症はごくわずかなものです。
リスクを最小限に抑えるには、医師の指導の下で正しく使うことが大切です。

 

女性のお肌のために

早漏防止クリーム

早漏防止クリームは早漏防止グッズとして一番ポピュラーです。
気軽に塗ることができます。
早漏防止グッズを使用していることを彼女に秘密にしたいと思う男性は多いですから、トレイなどですぐに処置できるグッズがおすすめなのです。
クリームタイプの早漏防止グッズは局部麻酔薬が含まれています。
商品によっては1回分ずつ分包されています。
使いやすいでしょう。
自分が早漏だと感じているなら、それは間違いなく早漏です。
時間が決めるのではなく、あなたのイメージが早漏となっているからです。
ただ、自分で決め付ける必要はなく、気にしないでいればそれで済むかもしれません。
早漏で彼女が不満を持っているような気がしているかもしれませんが、女性はそこまで考えていないでしょう。
インターネットの通販サイトや口コミサイトは大げさな表現がかかれているのです。
早漏防止グッズは決して安くありません。
使用頻度にもよりますが、1回当たり数千円が必要となるでしょう。
クリームタイプなら何度も使用することができますから、かなり割安です。
早漏防止グッズにお金をかけるよりも彼女とのセックス環境に注意を払いましょう。
安いラブホテルよりもちょっと高級感のあるホテルを選ぶのです。
早漏の予防は気持ちを切り替えることによっても可能なのです。
すべての人に同じように聞くクリームはありません。
実際に使用してみて、効き目を確認しておくことが大切です。
本番で慌てないようにしてください。

にきび治療にも用いられる低用量ピル

みなさんはピルと聞くと、どのようなイメージを持っているでしょうか。
やはり最も多いのが、経口避妊薬としてのイメージだと思われます。
ピルは国内では特別なものという認識がまだ強く、一般的に普及しているとは言いがたい状況です。

そんなピルですが、実はにきびの治療にも用いられています。
使われるのはピルの中でも低用量ピルと呼ばれるもので、一般的には「マーベロン」「ファボワール」「ヤーズ」といった製品が使われています。

10代の女性だと、まだまだホルモンバランスが整っていない人も多く、それがにきびや肌荒れなどを招くことがあります。
また、20代になっても、仕事上の疲れや人間関係のストレスなどから、ホルモンバランスが崩れる人が少なくないでしょう。

低用量ピルには、ホルモンバランスを安定させる働きがあります。
これは低用量ピルの中に女性ホルモンが配合されていて、それによってバランスをコントロールすることができるためです。

にきび治療で用いられる低用量ピルは「一相性ピル」と呼ばれるもので、すべての錠剤に配合されている女性ホルモンの量が一定になっています。
これを毎日1錠ずつ服用するのが飲み方の基本です。

にきびを改善させるには、ホルモンバランスを安定させる必要があります。
そのため、効果が現れるまでは服用しはじめてから1?3ヶ月ほどかかるのが通常です。

ただし、ピルのようなホルモン剤は服用した際に副作用が現れることがあります。
万が一体調不良が続くようなら服用をやめ、医師に相談することをお勧めします。
女性にとって嬉しい効果があるとはいえ医薬品ですから、きちんとした効果を得るためには正しく服用することが最も重要です。