勃起薬と病気

男性の勃起を阻害する要因は何でしょうか。
精神的な衰えもありますが、特定の病気で勃起しなくなる場合もあります。
病気が原因の場合は、残念ながら勃起薬だけで確実な効果を得ることはできません。
確実なのは病気を治すことです。
ただ、中高年の病気は完治することが難しいケースが少なくありません。
勃起は血液の流れによるメカニズムが重要です。
高血圧など血液の流れが正常ではない人は、勃起しなくなっているのです。
勃起障害はEDと呼ばれています。
そのうち、別の病気が原因の場合を器質性EDと呼んでいるのです。
器質性EDは勃起薬として使用されているバイアグラなどは効果が得られません。
一般の病院でもわかっていることです。
現代人に多い生活習慣病や喫煙、飲酒が器質性EDを引き起こしているのです。
元気な男性を取り戻すためには健康でなければなりません。
ただ、特定の病気がなくても勃起障害になってしまう人もいます。
そのような人のためにバイアグラがあるのです。
高齢になって体力的に衰えている人が無理してバイアグラを服用する必要はありません。
年齢相応の体力でいいのです。
若い人が勃起障害となっている場合は、その裏に隠れた精神的な病気が重要です。
見かけの症状だけに惑わされないようにしましょう。
うつ病など明らかな病気の場合はわかりやすいのですが、そうではない人の方が多いでしょう。
仕事のストレスなどは誰にでもあります。
それがどこまで影響するかは個人差があるのです。

勃起薬と勃起不全

一口に勃起不全と言っても、その程度は様々です。
まったく勃起しない、途中で折れてしまう、硬さが足りないなど個人差があるのです。
その原因も複数の要因が絡んでいるケースが少なくありません。
まずは勃起薬を試してみることをおすすめします。
病院でEDの相談をすれば、勃起薬を処方してくれるでしょう。
最近はジェネリック医薬品が出回るようになりましたから、勃起薬の価格が下がりました。
処方する方もされる方もお金の心配をしなくて済むのです。
もちろん、毎日服用すればかなりの高額になりますが、性行為の時だけ飲めばいいのですから、ちょうどいい費用なのです。
勃起不全の原因を特定することは簡単ではありません。
精神的な面が影響しているからです。
仕事や夫婦生活のストレスが考えられますが、人によってストレスの感じ方はまったく違います。
心配性の人、いつも自信がない人は勃起不全になりやすいと言われています。
ただ、ベッドの中では元気になる男性もいますから、一概には言えません。
あなたが勃起不全になった原因は自分で考えてみることが重要です。
サプリメントの多きは男性器の回復だけではなく、日頃の活力を取り戻してくれるものが多いようです。
つまり、体調を整え健康的な生活を送るようになれば、それだけで勃起不全は解消するのかもしれません。
サプリメントと勃起薬を併用している人もいるでしょう。
健康な体を作ることを心がけましょう。
その上で自分のためにすべきことを考えるのです。

精子の問題

結婚したら子どもはすぐにできると考えている人が多いのですが、現実には不妊で悩んでいる夫婦が少なくありません。

不妊の原因は女性にあることが多いのですが、最近の傾向として男性側に問題があるケースが増えていると言われています。

男性の場合精子の問題、具体的には精子の量が少ないのです。

精子の量が多くなる方法が確立されているわけではありませんから、いろいろと試行錯誤して多くなる方法を模索することになります。

病院で精子の量が少ないと指摘されても具体的に改善させる方法は提示されません。

男性が原因の不妊は世界的にも問題となっているようです。
WHOでも指摘されています。

精子は熱に弱いため膝にパソコンを置いて仕事をしていると精子の量が減少すると言う医師もいます。

また、喫煙もよくないと言われています。

基本的には健康的な生活をすることが重要です。

この他にもいろいろな指摘がありますが、どれも確実な証拠があるわけではありません。

体内で精子を作るためには亜鉛が必要となります。

亜鉛を成分としたサプリメントも販売されています。

子どもを授かるためには男性が努力しなければならない場合もあります。

あなたの精子に問題があるのであれば、積極的な治療を考えましょう。

どうしても妊娠しない場合は体外受精などの方法もありますが、できるだけ自然な妊娠が望ましいのです。

若い時に頑張っておかなければ、体力的に衰えてくる年代ではさらに精子が弱くなってしまいます。

生理痛がひどい人の妊娠確率

巷で「生理痛が重い人は妊娠しにくいらしい」という話があるようですが、これは本当なのでしょうか。

ひと言で言ってしまうと、答えはノーです。
重い生理痛イコール妊娠しにくい体質、とは一概に言えません。

生理痛が極端にひどい場合は子宮内膜症が疑われ、この子宮内膜症の患者さんの半数位が不妊症であると言われているので、これが「生理痛がひどいと妊娠しにくい体質になる」と言われている原因の一つといえます。

また、冷え性の人には生理痛が重い人が多いものですが、この冷え性は妊娠しにくくなる体質として改善する必要があると言われています。

このように、生理痛がひどくなりやすい体質と、妊娠しにくくなる体質とに共通点がいくつかありますが、実際には生理痛の原因はこれらのみに限ったことではなく、生理痛と不妊症との直接の因果関係は医学的にも認められていません。

例えば、出産未経験で子宮口が細く、そのせいで生理の際にいつもひどい痛みを感じているというケースでは、出産の後にひどい生理痛から解放されたという人もいます。

つまり、今現在生理痛に悩まされているから妊娠の可能性が低い、といった理論には根拠がないということです。

もしあまりに生理痛がひどく気になる場合は、病院で子宮内膜症などの可能性をチェックしてみると良いでしょう。

また、妊娠には直接関係ないものの、重い生理痛は女性の体に良いものではありませんから、体質改善に励むことも大切です。

勃起薬の役割

EDは病気と考えられていますが、男性にとってEDはちょっと心配かもしれません。
体調がすぐれずに奥さんとのセックスがうまくできなかった場合、自分がEDではないのかと思ってしまうのです。
現代のED治療はまず勃起薬の処方が先行します。
これは精神的な原因があるとしても、その症状をまず改善することを狙っているからです。
体が自然と勃起するため、精神的な負担から解放されます。
勃起薬の役割は心理的な負担をなくすことにあるのでしょう。
もちろん、セックスがスムーズに行えて、お互いに満足できれば言うことはありません。
勃起不全は奥さんの不満と男性の自己嫌悪によってだんだんと悪化します。
その負の連鎖を断ち切るために勃起薬が有効手段なのです。
市販のサプリメントなどを服用することで男性としての元気を取り戻したと言う人もいますが、その改善のためには時間がかかります。
病院で処方される勃起薬は即効性が特徴です。
セックスをする1時間程度前に服用すれば、それだけで十分です。
気持ちがすぐれない時でも満足できる固さを維持してくれます。
確かに勃起薬は根本的な解決ではありません。
ただ、年から年中セックスのことだけを考えている人はいませんから、必要時のみの作用が期待できる勃起薬でも十分なのでしょう。
勃起に限らず、男性としての気力が衰えてきたと感じているなら、サプリメントを毎日飲んで、体調を改善することをおすすめします。
若い年齢で気持ちが衰えないようにしたいものです。

精子が多くなる方法

精子の量が少ない気がすると思っている男性がいるのでしょうか。

1回の射精でどの程度の精子の量が正常なのかは明確ではありません。

しかし、病院で検査を受けてみると、精子の量が少ないと指摘される男性が少なくないのです。

もちろん、個人差がありますし、直接不妊につながるわけではありません。

しかし、安定した妊娠を望んでいる場合は、障害となる可能性があります。

そこで精子が多くなる方法を求めることになるのです。

インターネットで調べてみると、精子が多くなる方法が掲載されています。

しかし、どこまで真実なのかは明確ではありません。

医学的に効果が認められている方法はほとんどないのです。

人が体内で作り出す精子の量は限界がありますから、数日間貯めるとその分だけ1回の射精で放出する量が増えると考えられます。

不妊治療の一つとして、女性の月経周期に合わせて、一番妊娠する確率が高い時期を狙ってセックスをする方法があります。

この場合もその数日前から射精を我慢することが指示されているようです。

妊娠には効果があるのかもしれませんが、精子の量が多くなる方法とは言えません。

そこで食事によって精子の量が違うのでないかと考えられるようになりました。
精子を作っているのは亜鉛です。

亜鉛を積極的に摂取することは精子が多くなる方法ではないと言うのです。

実際にサプリメントとして亜鉛を含んだ製品が販売されています。

男性の力を取り戻すためのサプリメントです。

精子の量とは

女性が妊娠するためには男性の精子が必要です。

一般的には男女のセックスによって妊娠することになります。

しかし、なかなか子どもができない夫婦を検査してみると、夫の精子の量が少ないことがわかってきました。

これまでは女性側の問題で妊娠しないと考えられてきましたが、男性にも問題があるのです。

一回に射精する精子の量や質が重要になります。

精子の量が少ないと診断された場合、どのような対策ができるのでしょうか。

子どもが授かりたい夫婦はいろいろな対策を試すことになります。

男性の年齢も影響してくると言われています。
つまり精子の老化です。

精子の量を測定することで、不妊の原因が夫にあるかどうかが判定できます。

精子の量が多くなる方法としてサプリメントや薬を服用する人もいます。

どうしても改善しない場合は、人工授精などを行うこともできます。

いずれにしても、医師と十分に話し合って方針を決めていくことになります。

基本としてはできるだけ自然な妊娠を希望する人が多いでしょう。

体外受精した受精卵を子宮に戻してやる方法もあります。

精子の量は男性の気持ちの問題ではありません。

セックスの回数塗料は関係があると言う人もいます。

つまり、回数が多いとだんだんと量が減ってくるのです。

しかし、通常の男性であれば、一定量を常に体内で製造していますから、仮に毎日射精したとしても、十分賄える量があるはずです。

精子を作る機能が十分ではない場合に量が不足するのでしょう。

確実に多くなる方法はまだ確立されていません。

検査薬で妊娠陽性だったのに生理が来てしまった

ずっと妊娠を待ち望んでいるカップルにとって、もしかして妊娠したかもと思ったときに妊娠検査薬で陽性反応が出たら、その嬉しさはひとしおですね。

それだけに、妊娠したと喜んだその後に生理が来てしまうと、そのショックの大きさは計り知れません。

検査薬では陽性だったのに生理って?検査薬の結果が間違いだったの?と混乱してしまう人も多いようです。

実は、これは検査薬の間違いではなく、化学的には妊娠の兆候が出た、つまり受精と着床は実際に起きたのですが、そのあと何らかの理由で受精卵が子宮に根付けなかった、ということなのです。

これを専門用語では「化学流産」と呼んでいます。

流産、という名がつくとかなりショックですが、実際の妊娠の確定前のプロセスなので、医学的には流産とはみなされないものです。

現代のような高性能な検査薬がなかった頃には気付くことすらなかった現象ですが、検査薬が広まるとともにこのような名称がつきました。

あまり過敏になり過ぎないで心と体をよく労り、前向きな生活を送ることが大切です。

ストレスを溜め込まないようにし、栄養バランスの良い食生活を心がけ、体を冷やさないようにする、などを心がけてみましょう。

化学流産で一喜一憂しないで済むように、排卵日直後に検査薬を使うのではなく、ある程度時間を見て検査する方が良いでしょう。

ただ、化学流産を何度も繰り返している場合には何らかの対処が必要な場合も考えられますので、医師に相談してみることをお勧めします。

精子の知識

性教育の一環として精子に関する知識を教えることは重要であると考えられます。

多くの男性が何となくわかっているようで、医学的にはほとんど知らないのです。

精子の量が少なかったり元気がなかったりすると不妊の原因となることがわかっています。

それなのに不妊治療では女性ばかりが診察に訪れています。

男性は自分に原因があると認めたがらないのです。

精子の量が少ない場合、多くなる方法を考えるか、または少なくても効率よく妊娠する方法を考えることになります。
精子の量が多くなる方法としては男性の体質改善があります。

栄養をたくさん摂ったり、サプリメントを服用するのです。

もちろん、簡単に量が増えるわけではありませんから、現実的な不妊治療としては少ない精子で妊娠させる方法考えることになります。

タイミング療法は一番妊娠しやすい時期にセックスを行うことです。

女性の月経の周期に合わせるのです。

それでも簡単に妊娠するわけではありません。

何年も努力している夫婦もいます。

最近は人工授精や体外受精と言う方法が確立されてきました。

不妊で悩んでいる夫婦にとっては藁にも縋る思いでしょう。

男性の体が健康であることと精子が元気であることは直接の関係はありません。

ただ、年齢によって精子が老化していくことがわかっていますから、若い時に子どもを作る努力をした方がいいのでしょう。

夫婦で妊娠について考えなければなりません。

医師と話し合いながら、どのような妊娠が可能かを決めるのです。

1ヶ月で一番妊娠しやすい時期

早く赤ちゃんを授かりたいという場合、女性の体内メカニズムを考慮して妊娠しやすいタイミングを測ると効果的です。

女性の卵子は体内でいつでも受精できる状態になっているわけではなく、卵子が受精の準備ができている「妊娠可能時期」があります。

卵子は放出された時が最も活発なときで、その後は徐々に退化していきますので、この卵子が放出される時(排卵日)がもっとも妊娠しやすい時期になるわけです。

この排卵日は、生理日から逆算して知ることができます。

生理周期は人それぞれで日数に違いがありますが、生理周期に関係なく、排卵日は通常誰でも生理第1日目の14日前といわれています。
もちろん排卵日のみが妊娠できる時ということではなく、排卵日や卵子の生存期間を考慮してある程度幅を見ると、生理予定日の12?19日前あたりが最も妊娠しやすいタイミングである、ということができます。

排卵日を知るためのもう一つの方法が基礎体温から調べる方法で、排卵日は基礎体温が1ヶ月で一番下がる時となります。

まずはこまめに基礎体温を記録し、排卵日を知るようにしましょう。

生理日と基礎体温、この両方のアプローチから自分の排卵日を割り出すと、妊娠しやすいタイミングを絞り込むことができます。

もちろん、妊娠するかどうかはこうした人体メカニズムだけにかかっているのではなく、精神的な要素等、他の要素も関係してきますから、あくまで一つの要素としてとらえましょう。